山梨県の良いところ・悪いところを県民50名に聞いてみた

  • 2019年9月10日
  • 2019年12月13日
  • コラム

山梨県といえば富士山、富士急、富士五湖など、観光地が多いイメージを持っている方が多く、自然豊かでうらやましいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな山梨県のイメージはあくまでも県外から観光に来た人から見た山梨県です。

今回は実際に山梨県に住んでいる人から見た「山梨の良い所」「悪いところ」を聞いてみましたのでご紹介いたします。

みんな結構山梨県に不満がある!?

これから山梨移住など考えている方はぜひ最後まで見てください。

まとめ情報だけ見たい方はページ末尾をご覧ください。

山梨県の良いところ・悪いところを県民50名に聞いてみた

回答は重複している部分もあるため、それぞれ30名の声を掲載させていただきます。

いいところ

山梨の良いところ!

北杜市:(36歳・女性)
・都心からそう離れていないのに豊かな自然に囲まれてる
・水がきれいなところがたくさんある
・おいしい果物が多い
・地域にもよるが、子育て世帯への支援が手厚い


南アルプス市:(39歳・女性)
山梨の良いところは、やはり「果物」が豊富に採れるところです。

夏になると、桃や李、ぶどうなどが豊富に採れます。新鮮な旬の果物が手軽に食べることができるのはとても幸せです。他には、野菜など豊富に採れることと、各家庭、庭があるので、家庭で野菜を作っている人が多く、自給自足であるところ。自給自足なので、多く野菜が採れるとご近所へ配り、ご近所付合いも多い。

野菜は季節であり、天候で採れる時と採れない時があり、スーパーでも食べたいのにとても高い時があり、購入できないことがあります。しかし、自分の家で作っていれば家族が食べる分ぐらい収穫して食べることができるし、近所の人が丁度届けてくれたりするためありがたいです。野菜や果物には不自由しないことが良いです。

東京にも意外に近く、便利であるところ。また、東京の隣の県なのに東京のようなゴミゴミ感がなく、のどかで住みやすいところが良いところです。


南アルプス市:(37歳・女性)
果物がおいしい


都留市:(30歳・女性)
紅富士や逆さ富士は何度見ても飽きないです。
また、国中方面に行くと盆地ということもあり、夜景は絶景です。都会とは言い難いですが、甲府駅中心に行けばそれなりに栄え温泉街もあります。

山を越えて郡内方面に行けば富士五湖。海は無いですがブラックバス釣りや冬になればワカサギ釣り等アウトドアが楽しめるのが山梨の魅力です。

食べ物に関して言えば、鳥もつ煮・吉田のうどん・ほうとう・馬モツ煮・が楽しめる県です。
静岡、埼玉、東京と隣り合わせの県なので気軽に来れるのが良いところです。


甲斐市:(33歳・女性)
自然が沢山で静かでのどかな所がすごく好きです。
観光地も沢山あって、東京からも近いので旅行に来やすいところ。
果物も有名で、農家の知り合いがいれば形の崩れているものなどをもらえます。
そして、災害も少ないです。


富士吉田市:(37歳・男性)
富士山がきれいなところ


中央市:(39歳・女性)
豊かな自然が多いところだと思います。大きな富士山を毎日眺めながら、反対側には八ヶ岳も見えます。果物が美味しいことも魅力で、美味しい桃やぶどう、近年にはシャインマスカットもたくさん収穫されています。

山梨県は東京まで電車で2時間ほどで行くことができるので、お出かけにも大変便利な場所だと思います。


富士吉田市:(30歳・男性)
自然が豊かである。
東京から車で2時間かからないでこれる。
富士急ハイランドがある。
ももとぶどうがうまい。


甲斐市:(44歳・女性)
果物やワインが豊富なところ。
水が美味しいところ。
人口が多くないため、行列が少なく、人酔いせずに済むところ。
自然が豊富なところ。


甲斐市:(30歳・女性)
ご当地名物、ほうとうが美味しく食べられる!
山が多く自然がいっぱい、富士山も綺麗にみられます。

季節の果物はもちろん、ぶどう、ももは特に有名で
様々な味を堪能できるし収穫しながら楽しむことも!

ワインは計り知れない種類があり、赤、白、スパークリングワインもあり、とても美味しいです!
他にも焼きそば、とりもつなど色々あります!

特に甲州名物のとりもつは、おそば屋さんに行けば食べられます、甘だれでご飯のオカズにはもってこい、ビールのおつまみにもなるし、お子様に人気だとおもいます!


富士河口湖市:(32歳・女性)
田舎すぎず都会すぎないところ


都留市:(18歳・女性)
自然が沢山あり住みやすい。
小さい子供がいる家庭に向いている県だと思う。


韮崎市:(49歳・女性)
都心に近い。
自然が豊か。


山中湖村:(41歳・女性)
住む場所にもよりますが、水と空気がキレイで、星が近くに見えます。


上野原市:(22歳・男性)
自然


甲斐市:(48歳・女性)
四方が山に囲まれているせいか、台風などの大きな自然災害が少なく、晴れている確率も高い。その天気の良さから、果物の栽培が盛んで特に桃やぶどうが名産品であり、また、ワイン用のぶどうの生産も盛んなことから、ワイナリーが多数あり流行りの日本ワインを手軽に楽しむことができる。

登山やトレッキングを楽しむには手ごろな山が多く、自然に触れて遊ぶこともでき美味しい水がたくさんある。温泉も多数あり何より、富士山を見ながらの生活が贅沢だと思う。

東京から2時間くらいで来れることも利点だと思う。


中央市:(26歳・女性)
適度な田舎
都心からそんなに遠くない
自然豊か


甲斐市:(46歳・男性)
景色
果物
ワイン
農作物


笛吹市:(30歳・女性)
産前産後ケアセンターがあったり、子育て支援センターが充実していたりととても子育てしやすい環境にある、


甲州市:(27歳・男性)
空気が美味しい。人口が少ないので、仲間意識が強い。
治安がよい。東京が近い。桃や葡萄は農家が多いので基本的に買うことはなく、もらえる。
温泉が多い。などなど。

また地域によって強みが違う。
石和、甲府、昭和は温泉街や飲み屋が多くあり、山梨の中では栄えている。

甲州市、山梨市などは農園が多く、スーパーや薬局、ホームセンター、100均など日用品等を買う店が多いので
買い物には困らない。新宿まで1時間30分と、わりと東京に近い。

郡内(大月、上野原)方面は、何もない。田舎。国道20号線1本しかほぼ道がないため、ダンプなどが前にいると詰む。
河口湖や山中湖などは、気温がぐーんと下がり、涼しく空気が美味しい。富士急ハイランドがあり、観光客が多い。
温泉や旅館、湖、キャンプ場、ゴルフ場など、景色の綺麗な場所やレジャー設備を備えてる場所が多い。なにより富士山がめっちゃ近い。
とてもいいとこです。


甲府市:(25歳・男性)
自然が豊かで近隣の近所の人達との距離が近い点
近年の日本では希薄となっている無尽など人との関わり合いがある点


北杜市:(51歳・男性)
空気が綺麗なところ。住んでいると分かりづらいですが、時々都会に行くと痛感します。


北杜市:(35歳・男性)
山と湖が多く、登山や釣り好きには最高。


大月市:(31歳・女性)
空気がキレイ。川がキレイ。山などの自然に溢れ、子どもの遊び場が多い。


富士吉田市:(51歳・女性)
自然が豊か!逆に言うとそれしか無い。でも首都圏から1~2時間ほどで着く程よい田舎のイメージ。


甲府市:(28歳・女性)
温泉施設が多い。
山の景色が綺麗で春夏秋冬どの時期も違った景色を観れる。
少し行ったら避暑地などがある。


富士吉田市:(41歳・男性)
自然が多く、水が美味しい。富士山が素敵。


北杜市:(38歳・女性)
自然が多く作業に集中できるところ


笛吹市:(39歳・男性)
無尽等により、友人・知人との繋がりが深い。

悪いところ

山梨の悪いところ!

北杜市:(36歳・女性)
・運転が荒い
・いい意味でも悪い意味でもゆるい感じ
・都心と比べてお店の接客態度が良くないところが多い
・車がないと生活が厳しい
・お店が少ない
・夏が暑すぎる(甲府)
・仕事が少ない
・介護に関しての福祉環境が良くない
・富士山周辺以外の観光地にはあまり力を入れない
(もっと力を入れて欲しいところがたくさんあるのに)
・自治会に入らないとゴミが捨てられない(北杜市だけの話ですが)


南アルプス市:(39歳・女性)
ご近所付き合いはあるけど、結構近すぎるところがあり、干渉されることが多く、時として煩わしい時がある。

また、噂話が多い。色んな噂話、評判が近所で色々話されていて、世間の目が痛い時がある。気にしなければいいのだが、結構大きなことになっていたりするので、面倒である。そして少々お節介な部分がある。

電車が中央線と身延線であり、身延線の本数も少ない。バスも本数が少ない。タクシーでは動ける範囲が広すぎるため、あまり活用できないし、台数も都内に比べて少ないので、交通手段がどこに行くのにも車しかないので不便な時がある。そのため車が多く、渋滞が多いように感じる。

車社会なので、駐車場スペースがないところでないと行けない。夜遅くにお店がやっていないところ。ちょっと買い物といってもコンビニはあるがスーパー的なところがやっていない。ちょっと不便な部分がある。


南アルプス市:(37歳・女性)
運転が自己中な人が多い


都留市:(30歳・女性)
田舎風習が強い県だと思います。山梨の中でも田舎に行けば行くほど昔ながらのしきたりを大事にします。

また、運転が荒いのも特徴です。譲らない・青になる前に発進・横断歩道に人がいても止まらない・我が道をゆく。そのような運転手が多い気がします。

郡内の公共交通機関の不便さは悪いところかもしれません。バスや電車の少なさ。大型ショッピングモールが無いので買い物には必ず車が必要になるのが山梨のつらいところです。


甲斐市:(33歳・女性)
閉鎖的な土地柄に加え、目先の損得感情が強い。既得権益で発展している企業が多い上に、大企業が少ない事により選択できる職業が少なく、更に賃金が低いので近い首都圏への人口流出が激しい。


富士吉田市:(37歳・男性)
車がないと生活できないところ。
虫が多い


中央市:(39歳・女性)
流行りのお店が少なく、タピオカ屋さんなどはまだあまり無いです。


富士吉田市:(30歳・男性)
田舎の方は村社会で暮らしにくい。


甲斐市:(44歳・女性)
夏は非常に暑く、冬は寒いところ。
空き家が多いところ。
レジャー施設が少ないところ。


甲斐市:(30歳・女性)
夏はとても暑く、冬はとても寒い!
土砂災害などが心配
ほかの県に比べショッピングモールが少い


富士河口湖市:(32歳・女性)
空港や新幹線がなくアクセスが不便


都留市:(18歳・女性)
治安が悪い。
(バイクなど)


韮崎市:(49歳・女性)
東京に近いのに、発展してない。
車がないと移動が困難


山中湖村:(41歳・女性)
言葉が悪い。
関東なのか甲信越なのかわからない。


上野原市:(22歳・男性)
マックが少ない


甲斐市:(48歳・女性)
夏の暑さが厳しい。公共交通があまり便利ではない。

山梨の人の特性かもしれませんが、あまり外部の人を受け入れるのがうまくなく、他人に関心が低い。仕事への姿勢もあまり熱意を感じられない。地域や組の色が濃く、よそ者は好まず、一致団結して山梨全体で頑張ろう!ということはない。


中央市:(26歳・女性)
車社会のため、公共の交通機関が全くダメ


甲斐市:(46歳・男性)
無尽


笛吹市:(30歳・女性)
公共交通機関が充実しておらず、電車は路線が少ないしバスは台数が少ない&終バスが早すぎて使えない。


甲州市:(27歳・男性)
電車やバスの本数が少ないので、車がないと何もできない。
夜9時以降の駅前は本当に人が歩いていないので、ちょっと怖い。


甲府市:(25歳・男性)
夏が暑く、冬が寒い。


北杜市:(51歳・男性)
住んでいる人数が少なく、平均年齢が高いところ。50代でも若手で、行事などの役員が回ってくる頻度が高いのが困ります。


北杜市:(35歳・男性)
ファッションなどの買い物が不便。衰退傾向。


大月市:(31歳・女性)
お店が少ない。子どもが少ない。企業数が少ない上に、給料が低いので東京などに就職する人が多い。


富士吉田市:(51歳・女性)
結婚して夫の田舎で暮らし始めて20年以上経ちますが、いまだによそ者扱いされる時があります。地元民の地元愛が強いので他地域からの移住者などへの警戒心が強いなぁと感じます。移住プロジェクトなどで来られた方が結構夢破れている姿など見ると残念です。


甲府市:(28歳・女性)
車社会。電車、バスの交通の手段が不便。

甲府の中心は駐車するなどが面倒。


富士吉田市:(41歳・男性)
遊べるところが少ない。


北杜市:(38歳・女性)
私の住んでいるところを基準にお答えすると、買い物や打ち合わせに出るのに1時間以上の時間を要すること。


笛吹市:(39歳・男性)
閉鎖的

まとめ

特に多かった意見

良いところ ・空気がきれい
・都心に近い
・富士山がきれい(風景がきれい)
・名物が多い
悪いところ ・交通機関が少ない
・夏が熱い
・閉鎖的/田舎
・運転が荒い

山梨に住んでいると良いところも、悪いところも知ることになります。

これから山梨県に住もうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

▼こちらの記事もおすすめです▼

関連記事

山梨県には地元民にしか通じないあるあるが多数存在します。 本ページでは代表的な山梨県民あるあるをまとめてご紹介いたします。山梨県の方であれば必ず「あるある~♪」となるものばかりですので、最後までチェックしてください。 山梨県民あるあ[…]

関連記事

自然豊かで四季を身近に感じることができる山梨県は子育てしやすいと言われています。 自然豊かであることは子供の好奇心や知識の向上に非常に大切なことですが、山梨県にはほかにも子育てしやすいと言われる理由がたくさんあります。 本ページ[…]

関連記事

近年、都会から地方への国内移住を考える人も増えてきています。 NPO法人のふるさと回帰支援センターによると移住相談は4万件(2018年)を超えており、地方移住への関心の高さがうかがえます。 山梨県は国内移住先として常に上位にラン[…]

▼山梨ローカルルール▼

関連記事

山梨県には無尽(むじん)といわれるローカルルールが存在します。 一見すると不思議なローカルルールかもしれませんが山梨県民にとっては生活に欠かせないものとなっています。 今回は山梨県の無尽についてご紹介いたします。 &nbs[…]

山梨県の無尽(むじん)とは?システムと歴史を徹底解説

▼山梨県の運転には要注意▼

関連記事

山梨県には、独自の交通ルールが存在します。 これは通称「山梨ルール」と呼ばれており、右折する車が優先、対向車線に乗り込んでの追い越し許可など通常では考えられない運転が許されています。しかし、これはあくまでも一部のドライバーの間でまかり[…]

代表的な山梨ルール9選まとめ!運転で気をつけるポイントは?
最新情報をチェックしよう!
>