観光

「西湖コウモリ穴」を探索レポ|洞内画像・口コミあり

みなさんは『西湖コウモリ穴』をご存知でしょうか?

意外と知られていないのですが、実は山梨県の有名な観光スポットである『鳴沢氷穴』『富岳風穴』と同じ、富士河口湖町にある溶岩洞窟の1つなのです。

鳴沢氷穴富岳風穴と比べると名前も知られていないし、観光としてはいまいちなのかな?と思っている方も多いと思いますが、西湖コウモリ穴は県内最大級の洞窟アドベンチャーを楽しむことができる穴場スポットです。

今回は穴場の観光スポット、西湖コウモリ穴のアドベンチャー感を写真付きでご紹介いたします。

この記事でわかること

  • 西湖コウモリ穴の雰囲気や見どころ
  • 西湖コウモリ穴のアドベンチャー感
  • 西湖コウモリ穴の料金や注意事項

西湖コウモリ穴の住所・アクセス・料金ほか

参考サイト 西湖ネイチャーセンター
住所 〒401-0332
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068
アクセス 【車】
河口湖I.Cより約13km
富士吉田I.Cより約13km
【バス】
河口湖駅より西湖周遊バスに乗り「西湖コウモリ穴」下車
【路線バス】
西湖民宿村行きに乗り「コウモリ穴入口」下車
電話番号 0555-82-3111
駐車場(無料) バス 6台
普通車 66台
英語表記 あり

料金

一般・高校生 300円
中学生・小学生 150円

営業時間・休業日

営業時間 3月〜11月:9:00〜17:00
12月〜2月:9:30〜16:30
休業日 3月〜11月:休館日無し
12月〜2月:毎週水曜日
*12月31日 休館

西湖コウモリ穴とは

漢字表記西湖蝙蝠穴

西湖コウモリ穴とは

西湖コウモリ穴は富士山麓の溶岩洞の中で最も大きい溶岩洞窟です。

鳴沢氷穴、富岳風穴などの洞窟よりも温度が高いため、コウモリの冬眠場所として昔から知られており、洞窟奥はコウモリの保護区域として使用されています。

西湖コウモリ穴の所有時間や注意事項

  • 所有時間 20分〜
  • 階段 出入り口あり
  • 総延長 約350m
  • 天井の低いところ、スロープあり。

注意事項

・頭上に注意

天井が低く、しゃがまなければ通れない場所が洞内にはあります。入場所にてヘルメットを渡されますので、入洞の際には必ずヘルメットを着用しましょう。

・足元に注意

足場が不安定な場所がありますので、転倒する危険性もあります。足元には注意しましょう。ピンヒールなどの不安定な靴を履いている場合は入場の際に長靴を借りて履くことを忘れずに。

•車椅子での入洞はできません

車椅子で入洞はできません。また、妊婦さんや、歩けないお子さん、ペットを連れての入洞はできません。

「西湖コウモリ穴」に行ってきた感想を写真付きで紹介|注意事項あり

入り口からすでにアドベンチャー感!

西湖コウモリ穴,入り口からすでにアドベンチャー感

入り口には錆びた鉄格子に南京錠。

ただならぬ気配を感じます・・(入り口からすでに足場が悪いので要注意)

入ってすぐに広がる洞窟アドベンチャー

入口を入ってすぐに山梨県とは思えない洞窟アドベンチャーが始まります。

西湖コウモリ穴は、総延長350m以上にもなる溶岩洞窟で、鳴沢氷穴、富岳風穴よりも大きく、富士山麓の溶岩洞窟の中で最大規模の溶岩洞窟とされています。

山梨県の溶岩洞窟の中で最も有名な鳴沢氷穴の総延長が150mですから、コウモリ穴は鳴沢氷穴よりも約2倍以上の洞窟探険が可能です。

開けている場所や、しゃがまなければ進むことができない場所があり、これぞ洞窟。と私たちが想像する洞窟探検のイメージを壊すことなく、最後まで楽しませてくれます。

また、鳴沢氷穴、富岳風穴とは違い、観光客が少なく、洞窟内外の急激な気温変化がないので、ゆっくりと自分のペースで洞窟内を周遊できるのもポイントの1つです。

さらに奥に進むと5つの天然記念物

西湖コウモリ穴,5つの天然記念物

西湖コウモリ穴では5つの天然記念物を見ることができます。

  1. 珪藻土線(けいそうどせん)
  2. 溶岩ドーム
  3. 溶岩鍾乳石(ようがんしょうにゅうせき)
  4. 溶岩棚(ようがんだな)
  5. 縄状溶岩(なわじょうようがん)

場所によっては触ることも可能ですので、固まった溶岩の感触を楽しむのもオススメです。

低確率でコウモリが見れる

西湖コウモリ穴

西湖コウモリ穴では主に10月中旬〜11月下旬の夕方頃、コウモリ穴では実際にコウモリが飛んでいる姿を洞内、出入り口周辺で見ることができます。

時期がずれていても夕方であれば(コウモリが夜行性のため)コウモリを見ることもあるそうです。しかし見れる確率は低いということなので、コウモリを是非この目で見たいという方は10月中旬〜11月下旬の夕方を狙って行きましょう。

ちなみにこの日は残念ながら見ることができませんでした。

*西湖コウモリ穴で見られるコウモリは大人しいとのことなので、噛まれる心配はなく、実際にコウモリに噛まれたなどの被害も出ていないそうです。

西湖コウモリ穴で確認されたコウモリの種類

  • ウサギコウモリ
  • キクガシラコウモリ
  • コキクガシラコウモリ
  • モモジロコウモリ
  • テングコウモリ

西湖コウモリ穴洞窟を出たらお土産所

西湖コウモリ穴,お土産所

西湖コウモリ穴には他にも見所がたくさんあります。洞窟に行かない人でも楽しめるので、待ち合わせや時間を潰すのにも利用する事ができますよ。

コウモリにちなんだオリジナルグッズ

西湖コウモリ穴,コウモリにちなんだオリジナルグッズ

売店には山梨のお土産はもちろん、コウモリにちなんだグッズも多数販売されています。

ここでしか買えないコウモリグッズは、話題の1つになる事間違い無しなので、是非1つ買って行きましょう。

  • コウモリグッズ 200円〜

バットマンポスター展示展

西湖コウモリ穴,バッドマンポスター

西湖コウモリ穴にちなんで展示されているバットマンポスターは、TVなんでも鑑定団でコレクターの方から購入されたものだそうです。

状態も良く、どのポスターも今となっては価値のあるヴィンテージ物なので、必見の価値ありです。

バットマン好きの方も、一度は西湖コウモリ穴に来ることをオススメします。

  • ポスター展示 観覧無料

奇跡の魚クニマス展示館

西湖コウモリ穴,奇跡の魚クニマス展示館

絶滅したとされていたクニマスが、山梨県の西湖で発見されたことにより大きな話題となったクニマス。

西湖コウモリ穴ではクニマスの歴史を展示で振り返ることや、実際に泳いでいるクニマスを見ることができます。 歴史的にも貴重な展示となっていますので帰る前に一度足を運ぶと良いでしょう。

  • クニマス展示館 拝観無料

青木ヶ原樹海 ネイチャーガイドツアー

青木ヶ原樹海,ネイチャーガイドツアー

西湖コウモリ穴では、青木ヶ原樹海をガイドと一緒に散策できるネイチャーガイドツアーも行なっています。富士山麓の大自然を満喫できるので時間がある方は是非参加してみてください。

ネイチャーガイドツアー 時間

  • 10:00〜
  • 11:15〜
  • 13:00〜
  • 14:15〜
  • 15:30〜
所要時間 1時間
金額 1人500円

西湖コウモリ穴に行った方の感想・口コミ(SNS)

避暑地として西湖コウモリ穴に行く方も多いみたいですね!

夏の暑い時期に是非行ってみてください。

まとめ

西湖コウモリ穴はまだまだ知られていない『山梨県の穴場の観光スポット』です。

他では味わえない洞窟アドベンチャーを楽しむことができ、5種の天然記念物やラッキーな人であればコウモリを見ることができます。

観光客も比較的少ないのでのんびり散策したい方に最適です。

是非山梨に来た際には「鳴沢氷穴」「富岳風穴」だけでなく洞窟アドベンチャーが楽しめる西湖コウモリ穴に行ってみてください!

▼こちらの記事もおすすめです▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-観光
-

© 2020 山梨ガイド