観光

櫛形総合公園 遊具広場をレポ|敷地内の遊具や設備・雰囲気を紹介

  • 櫛形総合公園 遊具広場で遊べる遊具は?
  • 櫛形総合公園 遊具広場の雰囲気は?

櫛形総合公園は、南アルプス市にある公園施設です。

敷地内にある遊具広場では、複数の遊具で子どもを遊ばせることができます。

本記事では、櫛形総合公園 遊具広場の基本情報や設備などを紹介します。

合わせて利用したい、芝生広場や拡張エリアについてもお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

住所・アクセス

住所〒400-0301
山梨県南アルプス市桃園1600
電話番号055-236-8555
開園時間終日開放(遊具広場・芝生広場)
アクセス車 南アルプスI.Cより約10分

駐車場(100台以上)

櫛形総合公園の駐車場は、敷地内に全5ヶ所あります。

それぞれの駐車場で100台ほどの車が停められます。

櫛形総合公園とは

櫛形総合公園は、健康の増進や体力向上を目的とした大型公園です。

敷地内には、

  • 総合体育館
  • ゲートボール場
  • コミュニティープール
  • レーニングルーム
  • 芝生広場
  • 遊具広場

などの施設があります。

エリアによっては予約や利用料が必要ですが、遊具広場と芝生広場は自由に出入りができます。

櫛形総合公園 遊具広場の雰囲気

櫛形総合公園 遊具広場は、木々に囲まれた穏やかな雰囲気のスポットです。

遊具の周りには複数のベンチが用意されているため、座りながらの見守りが可能。

子どもたちは自然を感じながら、それぞれの遊具で遊ぶことができます。

櫛形総合公園 遊具広場にある遊具

複合遊具

櫛形総合公園 遊具広場には、カラフルでユニークな形の複合遊具が用意されています。

複合遊具の設備

  • 滑り台
  • うんてい
  • 輪くぐり
  • クライミングなど

横長で次々に違った遊び方ができるので、子どもは飽きることなく楽しめます。

回転一輪車

回転一輪車は、ペダルをこぐとクルクル回る一輪車。

回転一輪車は転倒する恐れがないので、小さな子どもも安心して乗れます。

恐竜滑り台

恐竜滑り台は、なだらかな滑り台がついた幼児向けの遊具です。

お腹の部分は空洞になっているため、もぐりこむこともできます。

ロープ式 ブランコ

ロープ式 ブランコは自由度の高い動きで程よいスリルが楽しめます。

櫛形総合公園 遊具広場には、通常のブランコも用意されています。

シーソー

櫛形総合公園 遊具広場のシーソーはスプリング式。

不規則な揺れが面白く、最大で3人乗れます。

水飲み場やトイレの設備

水飲み場

水飲み場は遊具広場のわきに設置されています。

凍結防止のため冬場は使えません。

12月〜2月に来園する人は、飲み物を持参することをおすすめします。

トイレ

トイレは遊具広場から徒歩2分ほどのところにあります。

スポーツやピクニックができる芝生広場

遊具広場から歩いて2〜3分の場所には、見通しの良い芝生広場があります。

芝生広場では、バドミントンやボール遊び・ピクニックなどが楽しめるので遊具広場と合わせて利用しましょう。

櫛形総合公園 西側拡張エリア

また櫛形総合公園には西側拡張エリアがあります。

西側拡張エリアは駐車場が目の前にあるためすぐに遊べるのが特徴です。

広々とした広場ではスポーツをしたりベンチでのんびりとした時間が過ごせます。

通路も広いので、拡張エリアは散歩にも最適です。

子ども用の設備は、

  • 複合遊具
  • シーソー
  • 砂場

の3つ。

辺りには障害物がないため、小さな子どもも安全に遊ばせることができます。

【櫛形総合公園】Googleの口コミと評判

清潔でいいと思います。春は桜が楽しみです。

駐車場も沢山あり、週末は野球などの試合のアナウンスを聞きながら、のんびり散策出来ます。

とても綺麗でしたよ〜

富士山とのコラボもgood!

まとめ

櫛形総合公園 遊具広場では、複合遊具やロープ式 ブランコなどで、子どもを遊ばせられます。

歩いて2〜3分のところには芝生広場があり、スポーツやピクニックも楽しめます。

駐車場から歩きたくない人には、西側拡張エリアがおすすめ。

櫛形総合公園は、遊具の数や、用途によって使い分けができるので、ぜひ子どもを連れて出かけてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-観光
-

© 2021 山梨ガイド