観光

富士川 クラフトパークは遊具・迷路などを体験できる超大型公園-身延町

\観光や普段の暮らしがずっとオトクに/
チェック みんなの優待-130万件以上の割引クーポン使い放題!割引優待サービス

  • 「お金を使わずに家族サービスをしたい。」
  • 「子どもを外で遊ばせたい。」

そんな人にオススメしたいのが、身延町にある富士川 クラフトパークです。

富士川 クラフトパークは、県内でもトップクラスの規模を誇る大型の公園で、園内には幼児から大人までが利用できる、遊具や器具が多数設置されています。

ピクニックもできるので、食事代も浮かせながら家族でゆっくりと過ごせるのも嬉しい♪

本記事では、富士川 クラフトパークの基本情報や、お金を使わずに楽しめる各エリアを紹介します。

身延町の観光スポットとしても有名です。特に家族連れ必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください!

【富士川 クラフトパーク】基本情報・住所・アクセスほか

ホームページhttps://www.kirienomori.jp/
住所〒409-2522
山梨県南巨摩郡身延町下山1597
電話番号0556-62-5545
アクセス車 下部温泉早川ICから5分

営業時間・混雑状況など

営業時間終日開放(公園区域内)
定休日年中無休
混雑状況連休中はやや混雑あり
バリアフリー敷地内は車イス移動可

駐車場(556台)

富士川 クラフトパークの駐車場は当敷地内にあります。

駐車場は第1から第3までがあり、中心部に最も近いのが第1の駐車場です。

富士川 クラフトパークはファミリー層に人気の超大型公園

富士川 クラフトパークは、平成元年に開設された大規模な公園です。

東京ドーム11個分とも言われる敷地内には、

  • 大型の遊具が設置された広場
  • 道の駅 みのぶ
  • 切り絵の森美術館
  • 異なる種類の花を眺められる大花壇

などがあり、来園者の年齢や人数などによって違った楽しみ方をすることができます。

今回の記事では、マップの赤枠でなぞったエリアを中心に、家族連れで楽しめる遊具などを紹介します。

クラフトパークに来たら砦遊具広場で子どもを自由に遊ばせよう!

富士川 クラフトパークに子どもと一緒に来たら、まずは砦遊具広場(とりでゆうぐひろば)に行きましょう!

砦遊具広場は駐車場から徒歩8分程度で到着します。

砦遊具広場には、滑り台やブランコといった定番遊具だけでなく、広い敷地を活かした複合型の遊具が3ヶ所設置されています。

1つの遊具なら数分で飽きてしまうところですが、いくつもの遊具が合体していれば話は別♪

小さな公園では体験することができないアクティビティに特化した遊具が豊富で、子どもはもちろん、大人の方でも楽しむことができます。

アクティビティ

  • ローラー滑り台
  • ザイルクライミング
  • アスレチックネット
  • ターザンロープ

中には、幼児用に設置された可愛らしいものもあるため、砦遊具広場は小さい子どもにもオススメです。

見渡しも良く、どの角度からでもしっかりと子どもを見守ることができるので、親御さんも安心♪

各遊具には年齢シールが貼られているので、砦遊具広場では子どもにあった用具を選びながら、親子で一緒にワイワイ楽しみましょう。

大人はトリム広場のストレッチ器具で運動不足を解消

砦遊具広場のすぐ隣にあるトリム広場には、健康促進のためにおかれた、大人用のストレッチ器具が完備されています。

用具の数は20種類もあり、自分の体に合わせた腹筋や懸垂など、あらゆる運動が可能です。

日頃の運動不足解消や、自身の健康バロメーターを知ることもできるので利用は必須。

砦遊具広場で子どもを遊ばせている際などに活用してみると良いでしょう。

ピクニック広場で一家だんらん

砦遊具広場の下側には、見晴らしの良いピクニック広場があります。

ピクニック広場にはテーブル席が用意されており、ちょっとした休憩や持参した食事をする場所にはもってこい。

シートを広げて地べたに座ることもできるので、家族みんなで思い思いの時間が過ごせます。

また、ピクニック広場の一角には一軒のログハウスが建設。

ログハウスは、実際に中に入ることも可能で、他とは違った冒険心をくすぐる建物となっていますので、休憩時に子どもと一緒にのんびり散策するのも◎です。

写真映えもするスポットなので、記念撮影にも活用しましょう。

【人気】巨大迷路とふわふわドームは必見

富士川 クラフトパークには、

  • ツツジの木で作られた巨大迷路
  • 膜状の巨大トランポリン「ふわふわドーム」

の2つのアトラクションが用意されています。

巨大迷路はフラワーメイズ、ふわふわドームはイベント広場にあります。

巨大迷路は2m近くの高さがあり、先が見えないため大人でもやりごたえを感じる、超立体型迷路。

「結構進んだと思ったら行き止まりだった。」なんてことも多く、出口を見つけると安心感と達成感を同時に味わうことができます。

子どもと一緒に挑戦したり、どちらが先に出られるか競争したりと、遊び方も工夫できるので、巨大迷路は家族連れに是非行ってもらいたいスポットです。

ふわふわドームは、3歳〜12歳までが遊ぶことができるアトラクション型遊具。

不思議な感触のある大型のトランポリンで、ぴょんぴょんと跳ねたり、表面を走り回ったりすることができます。

白くモコモコとしたフォルムが好奇心を掻き立てるので、子どもは遊びたくなること間違いなし♪

体力や脚力も養われるので、子どもの成長にも一役かってくれます。

ふわふわドームを利用する際の注意点

  • 裸足で利用する
  • ペットの利用は不可
  • 雨天時の使用は避ける
  • 17:00以降は乗らない

カヌー・テニス・バーベキューなどは予約が必要

富士川 クラフトパーク内には、料金を払ったり予約などをすることで、更に多くのスポットを楽しむことができます。

興味がある人は来園前に必ず確認し、必要な物ある場合は事前に用意しておきましょう。

カヌー場

出典元:山梨県 富士川 クラフトパーク

カヌー場では、利用料金と使用料を払うことで、1人乗りのポロカヌーと、3人乗りのカナディアンカヌーを体験することができます。

スタッフから乗り方や漕ぎ方をレクチャーしてもらえるので初心者も安心♪

必要な物は着替えのみですので気軽に足を運びましょう。

利用期間・定休日

利用期間4月1日〜11月30日
利用時間9:00~17:00(最終受付16:00)
*大会などで利用できない場合あり
定休日水曜日(祝日の場合は翌日)

個人利用料(1時間)

一般230円
高校生110円
中学生50円

カヌー使用料(1時間)

ポロカヌー(1人乗り)240円
カナディアンカヌー(3人乗り)360円

バーベキュー場

出典元:山梨県 富士川 クラフトパーク

富士川 クラフトパークのバーベキュー場は、場所代無料の完全予約制です。

炊事場と網付きのテーブルが完備されており、必要であればバーベキュー用品もレンタルすることができます。(2,000円)

予約は前日の16:00までとなっています。

利用期間・定休日

利用期間4月1日〜11月30日
利用時間10:00〜15:00
定休日水曜・木曜(祝日の場合は翌日)

ドッグラン

出典元:山梨県 富士川 クラフトパーク

富士川 クラフトパークのドッグランは、完全利用登録制で利用料金は無料。

利用当日は、第2駐車場の近くにある公園管理事務所で必要書類を提出する必要があります。

必要書類

  • 利用者の身分証明書
  • 犬鑑札(プレート)
  • 狂犬病予防注射済票(プレート)
  • 混合ワクチン(3種以上)接種証明書

利用時間・定休日

利用時間10:00〜16:00
定休日12月28日~1月3日

テニスコート

出典元:山梨 富士川クラフトパーク

テニスコートは無料で利用できますが、前日の16:00までに予約をする必要があります。

ラケットやボールの貸し出しはありませんので必ず持参しましょう。

利用時間・定休日

利用時間10:00〜16:00
定休日水曜日・ゴールデンウィーク・園内イベント開催日・年末年始など

予約番号(共通):0556−62−5545

【富士川 クラフトパーク】SNSの評判と口コミ

まとめ

富士川 クラフトパークは、子どもを連れて利用したい遊び所が豊富なスポットです。

大型の公園なのでお金を使うこともなく、遊具やストレッチなどで健康的に体を動かしながら、飽きることなく長時間滞在することができます。

巨大迷路に挑戦したり、家族でピクニックをしたりと楽しみ方も様々♪

山梨県内でも特に大きな公園ですので、お得に家族サービスをしたい人は是非足を運んでください。

▼クラフトパーク内の観光スポット▼

参考富士川・切り絵の森美術館でアートを観賞した感想【クーポン情報あり】

富士川・切り絵の森美術館は、身延町の富士川 クラフトパーク内にある、切り絵専門の展示施設です。 富士川・切り絵の森美術館では、2種類に分かれた展示展で、バラエティにとんだ国内外の切り絵作家の作品を観覧 ...

続きを見る

 

みんなの優待は全国140万か所で割引を受けられるクーポンサイトです。

映画館・遊園地はもちろん、レジャー・グルメ・旅行でも大活躍

今なら最大2ヵ月無料!

どなたでも気軽に利用することができます。

割引生活をはじめよう

割引クーポンをGET

【最大2ヵ月無料】140万か所で使える

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-観光
-

© 2020 山梨ガイド