【山梨県】新型コロナウイルス最新情報まとめ※随時更新

本ページでは山梨県の新型コロナウイルスに関する最新情報をまとめて紹介いたします。

中国の湖北省武漢市が発生源とされた新型コロナウイルスですが、奈良県・東京をはじめ日本でも感染者が確認され、山梨県も無関係ではありません。

【最新2月13日】:山梨県がクルーズ船で確認された新型コロナウイルスの感染者を県内の病院で受け入れたと発表

【山梨県】新型コロナウイルス最新情報まとめ※随時更新

時系列
  • 2019年1月9日
    新型コロナウイルスを特定
    中国での肺炎患者から新型コロナウイルスを特定
  • 2019年12月31日
    中国がWHOへ原因不明の肺炎が発生していることを報告

    特定から約1年、中国が世界保健機関(WHO)に原因不明の肺炎(新型コロナウイルス)を報告。

  • 2020年1月1日
    海鮮市場(華南海鮮城)を閉鎖

    発生源であろう中国武漢市の海鮮市場を閉鎖。しかしこの時点で感染者5名、重篤者7名が確認される。

    ここから爆発的な感染力で世界中に広まる

  • 1月23日~25日
    日本国内で初の感染者が確認

    23日。神奈川県で日本国内初の感染者が見つかる。24日に2例目、25日には3例目が見つかる。(いずれも海外国籍(中国)の方と言われている)

    この時点で中国の感染者は830名。死亡者は25名に上る

  • 1月27日
    日本人初の新型コロナウイルス感染者

    奈良県のバス運転手の男性が新型コロナウイルスに感染。原因は武漢市からの中国ツアー客を乗せていたこととされる。

  • 1月29日
    武漢市から日本人がチャーターで帰国

    武漢に残っていた日本人206名が、民間チャーターで帰国

    感染したバス運転手が中国人を乗せたツアーで山梨県を計3回訪れていたことが判明

    さらに山梨県内のホテルに3泊していたことも確認される。

     一方、山梨県は29日、運転手が計3回、中国人客を乗せて県内を巡っていたと明らかにした。

     県によると、県内に来たのは武漢市の観光客を乗せたツアー中の今月9~10日と12~13日のほか、大連市の観光客を乗せたツアー中の19~20日で、運転手は県内に宿泊した。3回とも運転手は宿泊先のホテルからほぼ外出しなかったという。

  • 1月30日
    大阪ツアーガイドの女性が感染

    続けて、大阪ツアーガイドの女性が武漢市からのツアー客をガイドし、新型コロナウイルスに感染。ツアーで回った山梨県に1泊していたことが判明

    こういったニュースを受け、山梨県庁には「山梨県内在住の全ての中国人の動向を調べろ」といった、偏見に基づく電話が多くかかって来ている。

  • 1月31日
    世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言

    日本国内では9名の感染者が確認。日本国内ではマスクが品切れとなる。

    世界中で新型コロナウイルスの感染が確認され、中国では感染者7,711名、死亡者170名。

    山梨県内では宿泊施設のキャンセルが相次ぐ

    山梨大学では新型コロナウイルス感染の可能性がある患者が来た際の対応訓練がはじまる。

  • 2月2日
    日本国内感染者が20人に到達

    武漢市からチャーター機で帰国した方のうち3名が感染していたことが判明。

    これで日本国内では感染者が20名を超える。

    山梨県内での感染者は幸いなことにまだいない。

  • 2月3日
    山梨県が情報公開の指針を発表

    山梨県は感染者が県内に発生した場合に備えて、情報公開の指針を発表

    具体的には県内で感染者が発生した場合と県外で発生した患者で県内に不特定多数の濃厚接触者がいる場合には患者の年代や症状それに行政側の対応といった情報を速やかに公表するとしています。

    ただし、個人や店舗が特定されるような情報は避けたい、としています。

    山梨県内に新型コロナウイルス感染者が発生した場合、大まかな情報は受け取ることができることが想定されます。

  • 2月5日
    クルーズ船で集団感染が確認

    豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスの集団感染が確認。(10人)
    本客船は16日間東南アジアを周遊しており、この間に感染者が出たとされている。

    客船という閉鎖的な空間であることからさらなる感染が予想され、ウイルスの潜伏期間が過ぎる14日程度の船内待機を余儀なくされる

  • 2月12日
    クルーズ船での感染がさらに拡大

    同船の乗客乗員の感染者は検査を受けた延べ492人中、174人。これで国内感染者は計203人となる。

    世界では中国を中心に45,000人以上が感染。死亡者も1000人を超える

  • 2月12日
    山梨県がクルーズ船内の感染者を県内の病院に受け入れ

    横浜港に停泊しているクルーズ船で新型コロナウイルスの感染が確認された一部の患者を山梨県内の病院が受け入れたことが2月12日明らかになりました。
    県は患者受け入れによる感染拡大の恐れはないとして患者の人数や病院は公表していません。

    引用:新型コロナウイルス クルーズ船の感染者 県内病院で受け入れ | UTY

1月1日に5名の感染者だったのが、

  • 1月31日には7,711名
  • 2月3日には17,205人
  • 2月12日には45,000人

の感染が確認されています。

新型コロナウイルスは驚異的な感染力で世界中に広がっていきます。

今この瞬間にも感染している方がいますので、人ごとだとは思わずに十分に警戒しましょう。

バスが立ち寄ったと想定される山梨県の観光スポットは?

新型コロナウイルスに感染した日本人バス運転手、また感染可能性のあるツアー客は山梨県内の観光スポットを複数回ったとされています。

ツアーは今月9~10日(武漢からのツアー)、12~13日(同)、19~20日(大連からのツアー)に県内の観光地数カ所を回ったといい、1カ所の滞在時間は30分程度だったという。

引用:新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る |毎日新聞

山梨県には観光地とされるスポットがたくさんあります。

  • 富士山
  • 富士急ハイランド
  • 富士五湖
  • 忍野八海
  • 石和温泉
  • ほか

またツアーは高速道路での移動のため、釈迦堂、談合坂といったサービスエリアにも立ち寄った可能性もあります。

特に忍野八海は中国人観光客の方が多いという情報もあります。

※忍野八海は海外からの観光客が年間150万人、中国の旧正月「春節」である1月25日には、普段の3倍の中国人観光客が訪れていたとのこと。

1月9日~25日にかけて忍野八海に行った方は十分に警戒しましょう。

石和温泉・富士五湖周辺のホテルもキャンセル相次ぐ

山梨県内のホテルも感染者が宿泊していた可能性があり、新型コロナウイルスの温床となっている可能性があります。

特に

  • 石和温泉
  • 富士五湖周辺

のホテルはすでにキャンセルが相次いでいるようです。

山梨県民としては残念ですが、新型ウイルスの危険性を考えると仕方のないことなのかもしれません。

2月1日追記

24日~30日までの県内宿泊施設で15,000人のキャンセルが確認されました。

山梨県でもマスクの売り切れが続出

都内を中心としたエリアでは早い段階でマスクの売り切れが見られましたが、山梨県でもマスクが売り切れの報告がされています。

観光施設でもマスクで従業員が対応するお店も出てきています。

Twitterではダイソーに売っていたといった情報もありますので、見つけたら早めに購入しましょう。(買い占めはしないように)

SNSでも新型コロナウイルスへの悲鳴が

すでに山梨県内に住んでいる方も新型コロナウイルスを警戒する声がたくさん出てきています。

「いつもの風邪」と思わずに、体調がすぐれない場合はすぐに病院へ行くことをおすすめします。

そもそもコロナウイルスとは?

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6 種類あることが分かっています。そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や 重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイ ルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の 10~15%(流行期は 35%)を占めます。

引用:新型コロナウイルス |感染と予防

症状

  • 発熱
  • せき
  • 筋肉痛・けん怠感
  • 息苦しさ・呼吸器症状

重症化した場合

  • 肺炎や呼吸困難
  • 腎臓の機能が低下

一見すると「ひどい風邪のような症状」にも見受けられますが、新型コロナウイルスは最悪の場合、命を落とす可能性があります。

上記の症状に該当する場合には早めに病院に行くことをおすすめします。※致死率は2~3%

治療方法

新型コロナウイルスの怖いところは、

  • 特効薬がない
  • 一度罹患した人でなければ免疫を持っていない

という点です。

治療方法も定まったものがないため、その症状にあった治療(対症療法)しかないとされています。

例えば、呼吸困難には酸素吸入を行ったり重い場合は人工呼吸器を付けたりするほか、脱水などで点滴を行ったり、細菌が感染して肺炎が悪化するのを防ぐため、抗生物質を投与したりと、症状に合わせてさまざまな治療を組み合わせて対処します。

国立感染症研究所によりますと、こうした治療を行っている間に、患者自身が免疫を獲得し、ウイルスが排出されるのを待つということです。

引用:新型コロナウイルス 感染したら出る症状は その治療は

新型コロナウイルスを防ぐためには

新型コロナウイルスを防ぐためには、風邪やインフルエンザと同様に新型コロナウイルスを体内に入れないように心がける必要があります。

  • 手洗いうがいをしっかりする
  • マスクをする
  • アルコール消毒
  • 人混みに行かない
  • 観光地に行かない

特に重要なのが、観光客の多い所に行かないことです。

山梨県のインバウンド需要を見ると、中国からの観光客が全体の45%とされています。(2018年時点のデータ)

参考:山梨県のインバウンド需要

日本一の山、富士山がある山梨県は海外から来た方にとっては魅力的な観光スポットであることは間違いありません。

うがい手洗いをしっかりと行い、人混み、観光地にはなるべく足を運ばないことを心がけましょう。

まとめ

他人事だと思わず、新型コロナウイルスに感染しないよう十分に注意しましょう。

※最新の情報は随時追加していきます。

ご家族・友達・SNSでシェアしてください。
新型コロナウイルスの危険性を多くの方に知ってもらう必要があります。
山梨県,新型コロナウイルス,
最新情報をチェックしよう!
>